空には愛

e0056237_2257514.jpg

地下鉄の出口を上がりきると、いちめんの夕焼け。路地の彼方に見える空はあかね色に輝いていた。
つい携帯カメラを向ける自分。そうしながら、二度とないこの一瞬を薄めていることを感じる。
記録に残せば良いと言うものじゃない。
感じて、自分の中にしみこんだもの。そこから生まれるものをもっと信じよう。

家に帰って急いでベランダに上がると、大きな薄くれないの雲が、羽のように、川のように、空に流れていた。
空には愛がある!
それにくらべて、このごろの地上の愛の薄さよ。
[PR]
Commented by YUKI-arch at 2008-07-31 02:38 x
同じ日だったと思います。
夕日をとりました。
同じ表情してました。
Commented by rikakokoro at 2008-08-01 23:40
本当に夕焼けが美しい日だったので、きっと沢山の人が空を見上げて立ち止まっていたことでしょうね。
子どものころから夕焼けが心底好きで、自分ほど夕焼けのことを分かっている人もいないだろうと思っていたほどでした!
あんな気持ちが今でも持てていたら、いい詩がたくさん書けていただろうなあと思います。
詩を書かせるのは、恋に似た気持ちなのかなあと思います。
by rikakokoro | 2008-07-29 09:16 | | Comments(2)

長井理佳。童話作家で作詞家。仕事歴は以下のプロフィールのページにあります。


by RIkaNagai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30