ゆめ

音楽か、ダンスか、絵本かく人か、格闘技系か、将来どれがいいと思う?
敷いたばかりのふとんの上で飛び跳ねながら、ムスメが尋ねた。その中の、ダンスも格闘技(?)もまだやったこともないというのに。
そうねえ、好きなのにしたら? 格闘技はちょっとよくわかんないけど。
いいねえ、夢がいっぱいあるって。その調子その調子。
私は自分のお話に君が絵を描いてくれて、絵本を出すのが密かな夢なんだけど。
あたしより先に有名になって引っぱり上げておくれ!
へんなコママンガとかも得意じゃない。いいものっていうのは創った人の良さが出ているものだと思うんだけど、あれはいいと思うよ。そういうのは大事にしなよ。

テレビで、6歳か7歳ぐらいの子どもたちが達者にギターやベースを弾き、歌を歌っていた。
「あーあ、おれもこれぐらいの時からやってたらなあ」息子が言った。
何言ってんの! まだまだ十分間に合ってますから。まだ13歳じゃん。これからこれから!
時々、彼はものすごーく自信のないところを垣間見せる。自信持ちたい!の裏返しだとわかっているけど、そういうこと言ってる間にどんどん夢に向かって行けばいいものを。
人の批評を恐れすぎるのは年ごろだからなのか。だれもそんなに気にしちゃいないのに。
もったいないなあと、最近の息子にはちょっとじりじりする。
私は君がバンドで楽しそうにドラム叩いているのを、会場の入り口付近でこっそり眺めるのが密かな夢なんだけど。
どんな音楽やるのかね。ビジュアル系じゃないね、まず(笑)。

こういう親って変? いや、親馬鹿か。
いいじゃん、親馬鹿って楽しいし。

今日、ムスメに「おかあさん、生まれ変わったら何になりたい?」と聞かれて、「ロックミュージシャン」と言ったら笑われました。
「・・・いや、そういうことじゃなくて、もう一度人間がいい?ってことだったんだけど。」って言われたけど、そりゃ人間がいいに決まってるじゃん!間違っても深海魚とか、洞窟の中の目のない魚なんてやだよ・・・。クリオネもやだな。寒いもん。

まあロックミュージシャンじゃなくたっていいんだけど、うーん、どっかーーん!と発散できる人になりたいしそういう仕事がしたいのね。ときどきなんとなく・・・・。うん、そういう波が来るのね。
それで、無性に動きたくなると一人で音楽かけて踊って、子どもに見つかって呆然とされたり。
でもみんな半分慣れて来たようだ。
あ、そうか。親馬鹿じゃなくて、おばかなおかあさん、ということですね・・・。
あはは・・・。


e0056237_0104012.jpg
さよなら、ゆきだるま。また次の雪の日にね!
[PR]
Commented by BONO at 2006-01-23 00:46 x
ブログっていいな〜(^。^)♪
おもしろい!!
Commented by iroiroirony at 2006-01-23 03:30
全然変な親じゃないですよ~。
親馬鹿でもいいじゃないですか。だって親なんですもん。(そのままだ・・)
自分の夢を親が応援してくれるのってうれしいですよ。。
Commented by Rika at 2006-01-23 08:02 x
へんな親を楽しんでいるのかなあ。。。
ぜいたくな応援はできないので、せめて気持ちだけ!ってことで。あははは・・・。

BONOさんはもしや、、、、。最近髪を切ったあの子では?これこれ(笑)。
Commented by Rika at 2006-01-23 23:44 x
あ、そうか。BONOってU2のボーカルね。
毎日聴いているもんね。(^_^;)
Commented by BONO at 2006-01-25 20:40 x
うおーい!!!そこまで!
Commented by BONO at 2006-01-25 20:45 x
息子さんドラムやってるんですか〜、かっこいいですね(^_^)
いいな〜♪
Commented by tamatebak0 at 2006-01-26 00:15
Rikaさんみたいなおかあさんになりたいなぁ。
Commented by Rika at 2006-01-26 18:14 x
BONOさん、そうなんです。ドラ息子なんです、はい。

tamatebak0さん、いやいや、子どもたちに聞いたらきっと「へっ」と鼻で笑いますよ・・・・(-_-;)。
日々ダメダメのヨレヨレですから・・・。
by rikakokoro | 2006-01-23 00:14 | Comments(8)

長井理佳。童話作家で作詞家。仕事歴は以下のプロフィールのページにあります。


by RIkaNagai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30