ぼうし

e0056237_22285635.jpg

ゆきだるまマークのメールで目が覚めた。
まったく、雪が降ると、子どもみたいにはしゃいでしまうのがいるらしい。
だがしかし、家族のだれかに「雪だよ!」と起こされるのはしゃくだったので、
そのまま飛び起きて窓を開けた。

!!

昼前に団地を通ると、子どもはだれも遊んでいなかった。
どうしちゃったのよ。
でも、おかげで、まだ誰も踏んでいない雪の上を歩くことができた。
広場に、雪だるまが二つ並んでた。すこしうれしくなった。
細い道で親子とすれ違った。
後ろの方からついていく小さな男の子は、やっぱり誰も踏んでいない雪ばかりえらぶので、お父さんとの間がどんどん開いていく。
またまたうれしくなった。

急いでいるはずの帰り道。
なぜかそのまま団地をひとまわり、それから近所をとおまわり。
そして私は発見した。
いろんなものがわたぼうしをかぶってる。
それも、小さいあたまは小さいなりに、大きいあたまは大きいなりに!
丸いあたまは丸いなりに、さんかくあたまはさんかくなりに!
標識の細長いりんかくや、一つだけ残って干し柿みたいになった柿の実にも!
えっ、あたりまえ? 
そ、そうかも知れないけど・・・。

そんなわけで、いろいろなぼうしを集めながら帰宅。
おかしいな、急いでたはずなんだけどな・・・。
[PR]
Commented by iroiroirony at 2006-01-22 14:06
こんにちは。
わたしも起きてすぐ、窓を開けた1人です(笑)
うれしい気分になりますよね!
Commented by Rika at 2006-01-22 16:11 x
今日はもう晴れましたけど、そろそろ西日が照らしはじめて、それもまたきれいです。。。
by rikakokoro | 2006-01-21 22:33 | Comments(2)

長井理佳。童話作家で作詞家。仕事歴は以下のプロフィールのページにあります。


by RIkaNagai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30