気がついたこと

木枯らしの帰り道、マフラーのすきまをあごの下でかきあわせながら一駅歩いていた。
おおつめたい! 氷のような向かい風が顔に吹きつける。
そのとき、ふと気がついた。
顏ってなんてすごいんだろう!
だって、はだかなんだもの。これがおしりやおなかだったらどうよ。この寒さに素のままじゃ、とうてい耐えられない。
それなのに、顔はいつも何も着てない。こんな真冬にも・・・。
顔はえらい!
そう思った瞬間、妙に楽しくなった。
牛乳と大根の入ったスーパーの袋もなんのその。
痛いほどの北風もなんのその。
かおは、えらい!
かおは、えらい!
リズムに乗って足取りも軽く、家路へと急ぐ。
かおは、えらい!
ほんとに、えらい!
[PR]
by rikakokoro | 2006-01-21 21:41 | 日々 | Comments(0)

長井理佳。童話作家で作詞家。仕事歴は以下のプロフィールのページにあります。


by RIkaNagai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30