本あれこれ

e0056237_014477.jpg
先日のライブのあと、私の朗読を聴いて、子どもの頃の遠い記憶にうもれていた大切な童話を、突然思い出したという方がいました。
その方がその記憶をたどって行き着いたのが、香山彬子さんの『金色のライオン』でした。
嬉しくなって、私も、図書館の保存庫にあったのを予約して読みました。
殆ど忘れてしまっていたけれど、私の遠い記憶の引き出しも開きました。

ビスクというビールに似た不思議なのみものが出てくるのですが、これが美味しそうで、憧れたなあ。
最初から最後まで、金色の光に包まれたような、切なく、あたたかいお話です。
大好きな誰かとのさよならは悲しいけれど、それが終わりではない。
やさしい思い出はいつまでも残る。
そのために、人はこの世で出会うんだ・・・ということを、こんなにシンプルな言葉で童話にする。
私も、もっと人生経験を積んだら書けるようになるのだろうか。。。ためいき。
佃公彦さんの絵が素敵です。

エーミルのいたずら325番 (せかいのどうわシリーズ)

アストリッド リンドグレーン / 岩波書店

エーミルのクリスマス・パーティー (せかいのどうわシリーズ)

アストリッド リンドグレーン / 岩波書店

ねずくんとらくんのあついあついあつい (福音館創作童話シリーズ)

たるいし まこ / 福音館書店

ねずくんとらくんのさむいさむいさむい (福音館創作童話シリーズ)

たるいし まこ / 福音館書店

絶対音感

最相 葉月 / 小学館

プルトニウムの恐怖 (岩波新書 黄版 173)

高木 仁三郎 / 岩波書店

原発のウソ (扶桑社新書)

小出 裕章 / 扶桑社

プラテーロとわたし (岩波文庫)

J.R.ヒメーネス / 岩波書店

住む。 2011年 08月号 [雑誌]

農山漁村文化協会

ターシャ・テューダーのガーデン

トーヴァ マーティン / 文藝春秋

ぼくのしろくま

さえぐさ ひろこ / アリス館

ともだちのたまご (絵本・だいすきおはなし)

さえぐさ ひろこ / 童心社

中田くん、うちゅうまで行こ! (絵本・こどものひろば)

さえぐさ ひろこ / 童心社

リンドグレーンの2冊は、大好きなビヨーン・ベリィさんの挿絵。先日リンドグレーン展で原画を見たばかりなので、1ページ1ページが楽しくて仕方がありません。
たるいしまこさんのシリーズは、横書きの幼年童話。絵本に似た展開が勉強になるなあ〜と。
さえぐさひろこさん、このところ片端から読んでいます。「ともだちのたまご」と言われたのを信じてたまごがたの石を育てる内気なうさぎがけなげでけなげで・・・。キツネ、いいやつだなあ〜。
『住む』は、私が唯一年間購読している季刊誌です。これをめくってると、おちつく・・・。

私には何が書けるんだ?と自問する。
さあ、明日もがんばろう。ひたすらに。
[PR]
by rikakokoro | 2011-07-03 01:07 | 本・CD・映画などなど | Comments(0)

長井理佳。童話作家で作詞家。仕事歴は以下のプロフィールのページにあります。


by RIkaNagai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30