プロフィール

ニックネームRIkaNagai
自己紹介 長井理佳。童話作家で作詞家。プロフィール、仕事歴。
【お話】
20代の頃、サンリオの「いちごえほん」という雑誌に童話を投稿し年間の佳作に入賞してから、月刊保育雑誌や絵本の仕事をするようになり、今に至る。
・月刊絵本、雑誌
ひかりのくにより「あめおばけ」「ぼくはぶらんこ」「おおきなはっぱ」(梅田千鶴さん絵)、「かわたろうのおくりもの」(狩野冨貴子さん絵)、「おじぞうさんた」(いもとようこさん絵)「はらっぱえんのおともだち」(冬野いちこさん絵)「ふゆのいっぽんみち」(いりやまさとしさん絵)「まちのねずみといなかのねずみ」(よしざわけいこさん絵)その他フレーベル館より「もぐらさんのおきゃくさま」(神山ますみさん絵)その他、ひかりのくに、世界文化社、チャイルド本社、家の光など多数。
・単行本
びわの実ノート傑作選「妖怪おばば」(ポプラ社)に「ぼうし」収録。
「黒ねこ亭でお茶を」「黒ねこ亭とすてきな秘密」(佐竹美保さん絵/岩崎書店)「レオはふんわり春風の中」(小林葉子さん絵/信州教育出版)「まよいねこポッカリをさがして」(久保晶太さん絵/アリス館)
・紙芝居 「ぼく くもくもをひろったよ」(いしいつとむさん絵/童心社)
・南伊豆の画家くぼやまさとるさんとの絵本「タイナ」(クレイン)
児童文芸家協会会員。
【作詞】
恩師 岡本おさみさんからのご縁で、南こうせつさんとの歌多数。「四月」「野原の上の雨になるまで」「この朝はどこかの夜更け」「ちょっとそこまで」他。その後、小中学校の音楽の教科書の歌や、合唱曲などを書くようになる。
「山ねこバンガロー」「きみの色はカラフル」「ハバネラッコハバネラ」他(加賀清孝さん作曲)、「行き先」「あかりがひとつ」「名前のない季節」他(貫輪久美子さん作曲)、「すてきな一歩」「未来への飛翔」「星座」他(長谷部匡俊さん作曲)、「きみの名前」「風の道しるべ」(桜田直子さん作曲)
その他、教育芸術社、音楽の友社などから多数。
北区立田端小学校の校歌、船橋市立海神中学校 ,60周年記念歌「トリトン」(ポール・モーリア作曲)など。
お話、歌、ともに現在も精力的に執筆中。
・ドラム&パーカッション演奏家の夫とともに、朗読ライヴも不定期に行っています。
・自宅にてささやかなギャラリースペースも運営中(gallery庭時計 https://niwadokei.wordpress.com/)。
お住まい東京都
経歴子どもの頃から書くことが好き。20代後半から童話の仕事を、30代後半から作詞の仕事をしています。
好きな場所草や木のあるところ。海。自宅の庭。

最近のアクティビティ

まだアクティビティがありません