野原の上の雨になるまで

日本クラウンのホームページにupされていました!

南こうせつ
「野原の上の雨になるまで」
2007年9月12日発売
CRCP-20407 ¥3,000(税込)

収録曲
01. 銀色のオルゴール
   作詞:長井理佳 作曲:南こうせつ
02. 恋はるか       
   作詞:喜多條忠 作曲:南こうせつ
03. 君を愛したい       
   作詞:南 育代 作曲:南こうせつ
04. ちらしずし        
   作詞:南こうせつ 作曲:南こうせつ
05. 雨に漕ぎ出そう      
   作詞:長井理佳  作曲:南こうせつ
06. 男だって泣くんだよ    
   作詞:渡辺なつみ 作曲:南こうせつ
07. インドの娘へ       
   作詞:岡本おさみ 作曲:南こうせつ
08. 野原の上の雨になるまで  
   作詞:長井理佳  作曲:南こうせつ
09. 友の唄が聴こえる      
   作詞:渡辺なつみ 作曲:南こうせつ
10. さよなら おやすみ
   作詞:南こうせつ 作曲:南こうせつ

よろしければぜひ聴いて下さい。
詳しくは、こちらのクラウンのHPで見られます。

岡本おさみさんの歌が入っています。
岡本さんがいなかったら、わたしはこうせつさんと繋がることはありませんでした。
改めて、岡本さんに感謝・・・・です。

楽しみだなあ〜。
e0056237_10534371.jpg

[PR]
Commented by sakulatte at 2007-08-11 23:31
「オルゴール好き」なので、1曲目のタイトルがとても気になります。来月の発売を楽しみにしています。(^^)♪
Commented by rikakokoro at 2007-08-14 09:49
ありがとうございます。私もどんな仕上がりになっているのか楽しみです(*^_^*)。
これは春の歌です・・・。
Commented by くるぶし at 2007-08-15 15:46 x
岡本おさみ・喜多條忠なんて、
拓郎かぐや姫世代にはカミサマみたいな人なわけで、
そのカミサマと並んでるkokoroさんって、、ははぁーーー(平伏)
Commented by ボーズ at 2007-08-15 22:20 x
>>そのカミサマと並んでるkokoroさんって

つまりは...女神様...か....
おー!
Commented by rikakokoro at 2007-08-15 23:09
あのー、すいません。ついに女神様ですか、わたし・・・。
女神様は毎日アルバイトやらボツ原稿書き直しやら、塾の月謝やら子どもの「学校行きたくない」弱音やらを抱えて、冷房もかけずに一人がまん大会してたりするんですけど・・・(-_-;)。
いや~~母は女神として奉られたい。少なくとも。
Commented by rikakokoro at 2007-09-02 22:57
むむっ。9/9の『いつ見ても波乱万丈』にゲスト出演されるようですが、
歌ってくれないかな〜新曲(^^;)。
でも、その日は私、お囃子で地元の祭に出なきゃならないのよねー・・・。いそがし。
Commented by rikakokoro at 2007-09-12 22:29
上記のクラウンのHPで、「野原の上の雨になるまで」の試聴ができます。
バックに流れるサンポーニャの音色がすてき。
空を見上げるのどかな歌です。
Commented by あやめ at 2007-09-14 18:59 x
今日、徹子の部屋で、銀色のオルゴールを歌われました。こうせつさん「自分の心が気持ちよくなるような曲に・・・」と話されてました。
そのような詞を選ばれたんだな、と聴いていました。
野原の上の雨に・・・♪も3拍子で心が軽くなる感じで大好きです。
近々CD、ゲットします。
Commented at 2007-09-14 19:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rikakokoro at 2007-09-16 14:13
あやめさん、ありがとうございます。
徹子の部屋で歌われたことは、歌い終わった瞬間を目撃した方からのメールで知りました。「歌ったらしい!と」(笑)。
番組のことは知っていたんですが、歌わないだろうなんて勝手に予測を立てて、録画もしませんでした。ざんねん。
私は徹子さんのファンでもあるので、聴いていただけてうれしいです。
こうせつさんとちょうど一回り違う私ですが、この年代もいろいろありますよね。私も自分を励ますために書いているのかもしれません。
無駄な抵抗をするよりも、時には風まかせになってみるのもいいのかも・・・。
Commented by こやさか不達 at 2009-07-26 21:49 x
はじめまして・・・ネットをウロウロしておりましたら、こちらを発見しました。
小学5年から、こうせつのファンをやってまして45歳の今、タイトル曲「野原の上の雨になるまで」が、一番好きな曲です。理由は詩です。
良いのか悪いのかって・・・って問題はあるのでしょうが、こうせつの曲はたくさんYouTubeでも紹介されているのですが、、この曲はまだ誰も作っていないので、自分で作ってしまいました。
一度、見て頂けますでしょうか?
既に古い日記なのに、嬉しくて、ここに書いてしまいました。ごめんなさい。失礼致しました。
もし、マズい点などがございましたら、コメントを削除して頂いて構いません。
Commented by rikakokoro at 2009-07-28 10:24
こやさか不達 さま、はじめまして。野原...を気に入って下さって、本当にありがとうございます。いい歌ですよね(笑)。もはや自分の書いたもののレベルを超えて、こうせつさんの力で雲のように軽やかに流れて行っています。
youtubeの件については、コメントは控えさせて頂きますが、歌についての直接の感想を聞くことは少ないので、とても嬉しく読ませて頂きました。ありがとうございました。
Commented by こやさか不達 at 2009-07-28 18:51 x
お返事ありがとうございました。
大好きな曲を作詞された方からお返事を頂けると言うのは、感動するものですね。とても嬉しく有頂天です。
kokoroさんの詞は、ちょっと男っぽいところや、こうせつと同様に中性的なところを感じまして、凄く好きです。
「雨に漕ぎ出そう」もカッコイイ詞で、コンサートで聴いて痺れました。
2度もコメントしちゃいました。失礼致しました。
by rikakokoro | 2007-08-11 10:57 | おしごと | Comments(13)

長井理佳。童話作家で作詞家。仕事歴は以下のプロフィールのページにあります。


by RIkaNagai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30