第1回 ぶっく・すきっぷ・庭時計のお知らせ

e0056237_16052278.jpg
昨年から、自宅の一部を改装して、「Gallery庭時計」 という小さな貸しスペースをやっています。
本業の作家の仕事がありますので、無理せずマイペースで、何か催しがあるときだけオープンするというゆる〜〜いスタイルですが、Yogaや朗読ライブ、展覧会、人形劇…少しずつですがいろいろなことに使っていただいています。

そのスペースを使って、この5月から、「ぶっく・すきっぷ・庭時計」という、児童書との出会いを楽しむ催しをはじめることにしました。できるだけ月一回のペースでできたらと思っています。
「こんなことをやりたいんだけど…」と相談したら、面白そう!と乗ってくださった作家仲間がいたのも幸いなことでした。気楽で楽しい会ならいいわ〜という声も、私のようなマイペースな管理人にはとてもありがたく…。

毎回、ゲストを一名決めて、その方にお題を出していただき、そのお題に沿った児童書(絵本でも物語でもなんでも)をお持ちいただき、紹介し合おうというものです。
とくに目新しい内容ではありませんが、ビブリオバトルのようなものではなく、もっとゆるーく気楽で楽しい雰囲気をイメージしています。
新しい本との出会いになるかも知れませんし、読んだことはあっても、他の人の視点で見るとまた新鮮なものになり、もう一度読んでみたいと思うかも知れません。
ゲストもお客さまも同じ床の上で、和やかに本の話ができたら良いなと思います。
ささやかなイベントですが、これをきっかけに、本屋さんや図書館に足を運んでくれたらうれしいですね。

昔読んだ本で、手元にないという方は、タイトルだけでもOK。
本はあまり読まないし、本の紹介はちょっと緊張しそう、でも、話は聞いてみたいなという方は、輪に加わるだけでもかまいません(同じ料金はかかりますが)。

記念すべき第一回目のゲストは、童話作家の戸田和代さんです!
戸田さんからのお題は、「わたしのなかのわたしにであう本」。素敵なお題ですねー。
イメージは自由です。あなたの選んだ「わたしのなかのわたしに出会う本」をご紹介ください。
詳細は、庭時計ブログの記事 をご覧ください。
一回目、私もどんな風になるかとても楽しみです。
小さなスペースですが、気持ちよく楽しい時間を過ごしていただければと思います。


[PR]
Commented by LICCA at 2017-05-07 23:06 x
なんと!素敵な催し、豪華なゲスト!
「きつねのでんわボックス」泣きながら読んだ記憶が蘇ります!
より楽しく盛り上がりますように。。。
Commented by rikakokoro at 2017-05-09 20:22
> LICCAさん
きつねのでんわボックス、泣けますよね〜!
戸田さんがどんな本を紹介して下さるかとても楽しみです。
一方でこの会はゲストのトークを聞いていただくことだけが目的なのではなく、ゲストもお客さまも垣根なく和やかに本の話をし合う会なので、楽しみに参加して頂けたら嬉しいなと思います。
by rikakokoro | 2017-05-07 16:52 | イベント/その他 | Comments(2)

長井理佳。童話作家で作詞家。仕事歴は以下のプロフィールのページにあります。


by RIkaNagai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30