岩手日報で「黒ねこ亭でお茶を」を紹介していただきました

e0056237_21414058.jpg
岩手日報、2017年4月19日(水)の「くらし」のページの「ようこそ本の森へ」のコーナーで、「黒ねこ亭でお茶を」(長井理佳著・佐竹美保絵)を紹介していただきました!

書いてくださったのは、滝沢市の小学校で読書ボランティアをされているYさん。
メールでしかお話したことはありませんが、いつもお心のこもったお便りをいただき、お人柄が忍ばれます。
Yさんは、青森県の南部地方に伝わる刺繍「菱刺し」の作家さんでもあります。
送って下さった新聞とともに、すてきな作品がたくさん・・・。
e0056237_21210269.jpg
その中のひとつ。これは猫の目(ねこのまなぐ)という模様だそうです。まなぐ、は津軽のことばですね。
ひと針ひと針の手仕事ならではの温かみがあって、いつまでも眺めてしまいます。
Yさん、ありがとうございます。お守り袋だけれど、何を入れようか楽しみに考えています。

[PR]
Commented by LICCA at 2017-05-01 23:29 x
素敵なニュース♪
黒ねこ亭のファン層が さらに広がりますように・・・。

お守り袋のあたたかな色と風合い、お写真からも伝わります。
「猫の目」! なるほど~~
Commented by rikakokoro at 2017-05-02 10:08
> LICCAさん
ありがとうございます。本の紹介をしていただいた上にプレゼントまでいただいて、私は幸せ者です。今年のお誕生日はいいものをたくさん頂きました。
by rikakokoro | 2017-05-01 21:36 | 本・CD・映画などなど | Comments(2)

長井理佳。童話作家で作詞家。仕事歴は以下のプロフィールのページにあります。


by RIkaNagai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30