きみの名前

e0056237_14355811.jpg
音楽之友社発行の「教育音楽 小学版」7月号(6月18日発売)の別冊付録、
楽譜資料・たのしい音楽会の合唱曲集 に、新しい歌が掲載されました。
きみの名前(長井理佳 作詞 / 桜田直子さん作曲)です。 

どんな人にもひとつの名前。
そう言えばゴダイゴに「ビューティフル・ネーム」っていう歌があったと思いだしたのは、これが歌になった後だったけど、
私がこめたかったのは、もうちょっと一人ひとりへのメッセージというか・・・。
考えて見れば、名前があるってすてきなことで、
どんな名前も、だれかが心をこめて考えてつけてくれたもので、
「名前をつける」って、人間のいとなみの中でも、素晴らしい行為だなあ・・・。
短い言葉だけれど、愛がこもっているなあ・・・すごくパワフルな言葉なんだよなあ・・・と思ったのが詩を書いたきっかけです。

桜田直子さんとは初めてのコンビネーションですが、詞先のこの歌は、メロディがついて帰ってきたとき、ピアノの美しさにじーんとしてしまいました。
もちろんどの歌もそうだとは思いますが、この歌こそはまさに「前奏から始まっている」歌だと思います。

夜空に星が流れてるんです。
その星が落ちたところに、きみが生まれたのかな・・・?なんて・・・。

前奏が鳴り出して、歌が始まる前に、それぞれが自分の心の中でイメージしたら、いい感じに歌えるんじゃないかな。
これから多くの子どもたちのもとに届く歌になると信じます。

詩の内容を深く感じてイメージして下さって、桜田さんにほんとうに感謝です。

桜田さんとの歌は、もう一つできていて、お披露目を待っております。
お楽しみに〜〜。
[PR]
Commented by LICCA at 2014-06-23 11:09 x
娘の名前を 楽しく必死に、考えた日々を思い出しました。
お空から、私を目指してやってきてくれて、ありがとう、って思いながら過ごした日々。。今は、、やりこめられてばっかしの日々。。。(笑)
Commented by rikakokoro at 2014-06-23 11:21
LICCAさん、わかります〜。やりこめられてばっかしの日々(笑)。
それにしてもこのごろの名前は、お洒落でかわいくてびっくり!なんてのもありますね。一度で読めないのが多いしね。先日の小学校の生徒さんたちのお名前も、みなさんの名前の文字を続けて見ているだけで詩のような、不思議な気分になりました。
by rikakokoro | 2014-06-20 15:14 | おしごと | Comments(2)

長井理佳。童話作家で作詞家。仕事歴は以下のプロフィールのページにあります。


by RIkaNagai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31